実用化環境技術

ソリッドステート照明

発光ダイオード (LED) などのソリッドステート照明は、従来の白熱灯や蛍光灯と比較して、エネルギーの節約と環境上の利点を提供します。場合によっては、従来の照明システムより80%も多くエネルギーを節約します。LEDは、取扱いに注意が必要なガスを使用して、真空下で製造された半導体機器です。エドワーズの真空と除害装置はこのプロセスを可能にし、環境を保護しています。

太陽電池

太陽光発電 (PVセル) もまた、光により発電する半導体機器です。太陽光発電はクリーンな再生可能エネルギーを提供し、大気汚染、危険な廃棄物、騒音をゼロにします。規模の経済が現実化するにつれて、プロセスチャンバの規模も大きくなりましたが、エドワーズ真空および除害装置はこの環境的に有益なテクノロジーの開発を実現する最前線にあり、生産による環境への影響を最小限に抑えます。

ガラスコーティング

真空でコーティングされたガラスは、主に太陽熱による建物への熱エネルギー負荷を抑制するために使用されます。多層の金属酸化物が赤外線反射特性を生み出します。建物への熱負荷を減らすと、暑い国々で空調を稼働させるのに必要な電力が減ります。逆に寒い国々では、同じ反射特性が保温と暖房に使われる燃料の削減に利用されます。真空ポンプ技術を(拡散ポンプからSTPターボ分子ポンプに)アップグレードすることで、このプロセスのエネルギー消費量を最大95%削減し、年間22.6トンのCO2削減を実現しました。

鉄鋼のガス抜き

真空ガス抜き (VD) と真空酸素脱炭 (VOD) は特殊鋼合金の製造に使用され、二次製鋼プロセスに使う水素、炭素、およびその他不純物のレベルを低減します。

エドワーズのメカニカル ドライ真空ポンプは、液封ポンプで支援されていた従来の多段式蒸気エジェクタ システムと比較してかなりのエネルギーを節約します。