Your browser is not supported

ご利用のブラウザはサポートされておりません。当社のWebサイトを引き続きご覧になるためには、次のサポートされたブラウザをご利用ください。

会社情報

   
会社名 エドワーズ株式会社(Edwards Japan Limited)
設立 1971年10月
資本金 4億8,000万円
代表者 代表取締役社長 有馬 靖二
事業所
  • 本社・八千代工場:千葉県八千代市吉橋1078-1
  • 本社・東京オフィス:東京都中央区日本橋小舟町12-6 CIRCLES日本橋小舟町5F
  • 伊那サービステクノロジーセンター:長野県伊那市大字西箕輪字東原2640-10
  • 三重営業所:三重県四日市市富田4-2-2魚平ビル2F
  • 大阪営業所:兵庫県尼崎市猪名寺2-11-16-B
  • 広島営業所:広島県東広島市西条中央1-16-2ドーメンビル101
  • 北上サービスオフィス:岩手県北上市北工業団地 6-6 キオクシア岩手(株)構内
  • 仙台サービスオフィス:宮城県仙台市泉区大沢2-2-3
  • 庄内サービスオフィス:山形県鶴岡市下山添字一里塚132
  • つくばサービスオフィス:茨城県つくば市東新井20-5 グローバル5 101号
  • 山梨サービスオフィス:山梨県韮崎市富士見1-7-3
  • 横浜サービスオフィス:神奈川県横浜市港北区新横浜 3-8-8 日総16ビル 11階
  • 九州サービスオフィス:熊本県熊本市中央区新市街1丁目28 THE PLACE花畑ビル 6F,7F
  • 流山ディストリビューションセンター:千葉県流山市平方 字下中谷806-1 GLP ALFALINK 流山8
事業内容 各種真空ポンプ、真空計、排ガス処理装置の製造・開発設計・販売・サービス
取引銀行
  • 三菱UFJ銀行 田町支店                  
  • 三井住友銀行 東京営業部
  • シティバンク、エヌ・エイ 東京支店
エドワーズ株式会社 会社案内

PDF

2.4 MB

PDF

2.4 MB

質量分析用真空システム

質量分析(MS)は、サンプル中の原子および分子の質量および相対量を測定するために使用される科学技術です。つまり、化学分析器と考えることができます。最初に、サンプルは「イオン化」する必要がありますが、これはサンプルタイプに応じてさまざまな方法で実施できます。次にイオンは、質量対電荷比に応じて最適な方法を採用して再度分離されます。そして、イオンが検出され、最終的に信号が処理されて、結果の質量スペクトルが得られます。 

質量分析には、化学、生物学、環境科学、薬理学、医療分野など、さまざまな用途があります。未知の化合物の同定、サンプル中の特定の化合物の定量化、および複雑な分子の構造の決定に使用できます。

質量分析測定の正確さと精密さは、さまざまな真空レベルに依存します。真空ポンプは、測定プロセスに干渉する可能性のある残留ガス分子を除去し、確実に目的の真空条件内で質量分析計が動作するのを可能にします。

特別な装置上のコードウイルスに対するワクチン

質量分析用の一般的な真空ポンプには次のものがあります:

ロータリーベーンポンプ(RVおよびE2M)

オイルシール型ロータリーベーンポンプ(RVP)は、ローターに保持された一組のスライディングブレードで構成され、円筒状のステータハウジング内で中心からずれて偏心回転します。オイル潤滑されたブレードがローターとともに回転すると、遠心力によってステータハウジングの壁に押し付けられます。ポンプに流入したガスは、ブレードによって閉じ込められ、ポンプ出口に達するまで圧縮されて体積が減少し、大気中に排気されます。1段または2段式RVPが使用され、異なる最終圧力を提供します。

多段ルーツ式ポンプ(MSR)(nXRiおよびnXLi)

最も単純な形では、多段ルーツ式ポンプはドライで、2つの逆回転する相互接続された繭型のローターが、ステータハウジング内で回転します。ガスはローターに対して垂直に配置されたインレットフランジを介してポンプ内に入り、高速回転ローター(逆方向に回転)間で「分離」され、圧縮されて次の段に送られます。ローターの形状により圧縮が行われるため、各段で徐々に高い圧力が生成されます。多段ルーツ式ポンプは通常、共有シャフトに7つのローターステージを使用し、1つのセットの排気ステージは、次のインレットステージに接続されます。圧縮ガスは、最終的な排気ステージを経由して大気中に放出されます。

スクロールポンプ

ドライスクロールポンプは、真空ハウジング内に含まれる2つの共巻らせん状のスクロールで構成されています。一方のスクロールは固定され、もう一方の公転スクロールは他方のスクロール内で回転せずに偏心して移動します。ガスは、らせんの(外側の)開放端に入り、らせんの1つが回転すると、大量のガスがスクロールの間に分離され、2つのらせんの間で「絞られて運ばれ」ます。この分離されたガスの「塊」がメカニズムの中心に向かって移動するにつれて容積が減少し、その結果この隔離されたガスは、ハウジングの中心で逆止弁を介して大気圧に放出されるまで連続的に圧縮されます。

ターボ分子ポンプ(TMP)

これらのポンプは、非常に高速の回転速度のタービンブレード(1,000 Hzレベル)を使用して、ガス分子を装置の真空チャンバーからポンプのインレットに排気します。これらは、装置内で使用されるさまざまなプロセスに対して、10-2~10-10 mbarの範囲で必要なさまざまな真空レベルを作り出すことができるため、広範囲に使用されます。

カスタム設計ソリューション

OEMには、特定の要件があることがよくあります。その場合、エドワーズ特注製品開発(BPD)グループは、お客様のニーズに合った真空ソリューションを共同で設計します。

グローブボックス用真空システム

グローブボックスは、酸素や湿気から完全に隔離された状態で材料を取り扱うための密閉された作業スペースです。この隔離を実現するために、真空ポンプは、グローブボックスから周囲の残留空気を排気し、窒素やアルゴンなどの不活性ガスでパージして密閉します。真空ポンプで作られる低圧環境により、外部大気がグローブボックスに入るのを防ぎます。 

グローブボックスに使用できる真空ポンプには、ダイヤフラムポンプ、ロータリーベーンポンプ、スクロールポンプなど、さまざまな種類があります。ポンプの選択は、ガス流量、真空レベル、メンテナンス要件など、用途固有のニーズによって異なります。  

不活性ガスフレームグローブボックス