エドワーズがフライアッシュ処理向けに新しい液体リング真空ポンプを発売

2015/04/30

新しいSHRシングルステージ液封ポンプのシリーズは、フライアッシュ処理に最適な真空ソリューションを提供します。これは、一般的に使用される石炭の高灰成分が大量の灰を生成し、燃焼プロセスで除去する必要があるインドで特に有用です。他の真空ソリューションと違い、液体リング真空ポンプは残った灰に耐性があり、新しい一連の製品はシングルステージのポンプ構成であるため、効果的な運搬に必要な圧力で最適な出力を提供します。




エドワーズは、その地域の電力業界における権威あるカンファレンス兼展示会であるPower-Gen India and Central Asiaでフライアッシュ処理向けに新しい液封ポンプを紹介することになっています。エドワーズのブースでは、新シリーズのSHR11850をご覧いただき、アプリケーションのエキスパートがお客様のニーズに合った最適な真空ソリューションをご提案します。液封ポンプは、電力業界の多くのアプリケーションに最適なソリューションを提供します。




エドワーズのPower部門のグローバル市場セクターマネージャーであるPhil Rawlinsonは、次のようにコメントしています。「当社のLRPシリーズの最新製品により、電力セクター向けの液封ポンプオファリングは完成され、インドで40 GWの発電能力ですでに動作している姉妹製品である2ステージポンプを補完します。当社の設置済み基盤は、スキルの高い現地のサービス能力を伴うインドでの強力なローカルプレゼンスによってサポートされています。」




液封ポンプは、主要なポンプコンポーネント間の接触がないシンプルな設計です。接触部品がなく、運転温度が低いため、最も過酷なアプリケーションでもこれらのポンプは非常に安定した動作を保証します。

ご連絡ください。最寄りのエドワーズをお探しください。