Your browser is not supported

ご利用のブラウザはサポートされておりません。弊社のWebサイトを引き続きご覧になるためには、次のようなサポートされたブラウザをご利用ください。

SEMICON KOREA 2022のEdwardsブース

SEMICON Korea 2022でのEdwards

Edwardsは、16,000人以上の参加者を魅了した、この見本市のプラチナスポンサーを、誇りを持って務めました。

このショーでは、ミッションステートメント「コラボレーションによる持続可能性」に焦点を当て、半導体製造における二酸化炭素削減の重要性を強調するEdwards ESG活動を紹介する機会となりました。

SEMICON Korea 2022のEdwardsチーム

Edwardsのブースでは、新しいiXH6550HTXドライポンプとその新たな機能に加え、最近韓国で大量生産を開始したSTP-iX3006CVターボポンプにもスポットライトが当てられました。

さらに、2つの仮想セッションで専門知識とソートリーダーシップを紹介する機会もありました。

環境ソリューション事業開発マネジャーのクリス・ジョーンズは、「ネットゼロ2050への移行 - エッチング用途における低炭素排出量(GWP)の重要性」というプレゼンテーションで、プラズマ科学およびエッチング技術セッションに参加しました。

持続可能な製造フォーラムでは、グローバル製品マネジャーのエリック・コラートが、「共同スマート製造が持続可能なサブファブ真空と除害、クリーンルームオペレーションの実現」についての講演を行いました。

Edwardsブースをご訪問いただいた皆様に感謝いたします。来年もまたお越しいただけることを願っております。それまでの間、以下のビデオを見て、SEMICON Korea 2022でのEdwardsをもう一度体験してください。