アジア太平洋のエドワーズコミュニティ

アジア太平洋地区

台湾では、従業員は毎週金曜日にチームで自転車通勤することが奨励されています。これは環境にもお財布にも優しく、さらに健康面でもメリットがあります。この活動の結果、今では毎年約1000kmにも及ぶ台湾一周のサイクリングツアーを企画しています。

さらに、High Tech U Program に4人のボランティアを派遣しました。国立科学工業園区実験高級中学の才能ある若者と、堅苦しくない学習方法でロジックゲートやHuman Caluculatorの認識を高める機会となりました。

韓国真空協会で毎年、エドワーズは、大学および大学院プログラムの若い才能を奨励するために、「若き真空科学者賞」を授与しています。この賞は真空開発を進める優れた研究に授与されます。

2017年から、High Tech U SEMI Koreaのプログラムでは、科学およびエンジニアリング分野における女性の活躍を奨励することに注力しています。中学・高校の女子学生が、実践的な科学実験から面接スキルの習得まで様々な活動に参加しています。当社は引き続きHTU-Korea卒業生に連絡し、SEMI Korea基金と共同で同窓会を支援しています。

また、10の現地大学と産学共同の合意を取り付け、キャンパス採用活動に参加しています。

中国では「E.G.G.Walkathon」に参加しています。これは、毎日最低10km歩くことで恵まれない子供達の朝食用に卵を寄付する慈善チャリティ活動です。また、子供向けの本の寄付も行いました。
日本では、毎年ボランティアがチャリティマラソンに参加し、会社は走った1マイルごとに寄付を行っています。
昨年は、安全週間イベントの一環としてEdwards Japanは「世界の子どもにワクチンを」日本委員会を支援することを決定し、4,000人の子供たちがポリオワクチンを受けるための資金を調達しました。

当社の教育研究の一環として、KAGURAプロジェクトに寄付を行っています。KAGURA天文台は、職員にはノーベル賞候補者もいる権威ある教育および研究施設です。

ご連絡ください。最寄りのエドワーズを探す