Your browser is not supported

ご利用のブラウザはサポートされておりません。弊社のWebサイトを引き続きご覧になるためには、次のようなサポートされたブラウザをご利用ください。

ドライ真空ポンプはジャム醸造においてよりエネルギー効率が良いですか?

Unilever Israel社は、自社の水封式ポンプを、ジャム製造工程でドライ真空ソリューションに置き換えました。プロセスの粘着性酸を処理し、巧みな設置により、Unilever Israel社は一貫した正確な性能でエネルギーと水の消費量を大幅に削減しています。

100年以上前に設立されたUnilever社は、世界最大の消費財企業の1つです。Unilever社は、1929年に設立された世界各地の子会社である英国の多国籍企業です。商品には、食品、香辛料、アイスクリーム、健康ビタミン、ミネラル、サプリメント、紅茶、コーヒー、朝食用のシリアル、クリーニング剤、水と空気清浄機、ペットフード、歯磨き粉、美容製品、パーソナルケアなどがあります。

Unilever製品は、約190カ国で販売されています。リプトン、クノール、ダブ、アックス、ヘルマンズ、オモなど、世界をリードするブランドと同時に、ベン&ジェリーズ、ダラーシェイブクラブ、ダーマロジカなど、信頼できるローカルブランド、革新的で先見性のあるブランドを製造しています。

消費財製造では、真空はどこで使用されますか?

消費財製造には、プロセスの一部として真空が使用されることがよくあります。これらのプロセス内の真空装置は、生産性の最大化、製品品質の確保、ダウンタイムの最小化に関して重要な役割を果たします。

Unilever Israel社は、ジャム醸造プロセスのために、5台の水封式ポンプを設置し、ドライ真空ポンプソリューションにアップグレードしたいと考えていました。

総流量110 m³/hで、必要な真空レベルは350 mbarでした。真空ポンプは、35 分間に500 リットルの水を処理できる必要がありました。蒸気温度は135℃でした

Unilever社が直面した真空の課題は何ですか?

主な課題の1つは、高温のジャムが非常に酸度の高い環境を生み出すことでした。したがって、ドライ真空ポンプを酸性液体から保護し、ポンプ入口でガスの温度が十分に低くなっていることを確認することが重要でした。

ドライポンプはどのように課題を解決しましたか?

Edwards EDC150ドライクローポンプ

Edwards EDC150ドライクローポンプ

Edwards社は、要求された技術仕様に基づいて、EDC150ドライクローポンプを提案しました。Edwards EDCは、堅牢な1段圧縮ドライクロー真空ポンプのシリーズです。EDCシリーズは、革新的な建設資材とコーティングで製造されており、多くの用途で信頼性の高い運転を実現しています。過酷な条件や汚染物質にも対応できるため、中央真空システム、蒸気滅菌サイクル、プラスチック押出成形または乾燥、化学産業における反応器サービスなど、さまざまな用途に適しています。

ポンプが酸性液体から保護されるように、液体/蒸気のキャリーオーバーを捕捉するためにコンデンサを取り付けました。さらに、ポンプは醸造所の屋根の外に置かれました。このように、重力によって、ドライポンプに液体が侵入するのを防ぎました。

ドライ真空ポンプに変更する主なメリットは何ですか?

Unilever Israel社は、最初のシステムでのEDC150の性能に非常に満足しており、すでに予備ユニットとして追加ポンプを注文しています。同様のシステムでは、別の水封式ポンプの代わりに別のEDC150を取り付ける予定です。

EDCドライクローポンプは、ステンレススチール製のクローと耐腐食性のドライポンプチャンバを標準装備しており、堅牢性と耐久性を追求して設計されています。シンプルな設計なのでメンテナンスが簡単で、搬送品が搬送された場合にポンプチャンバにすばやくアクセスして清掃できます。モジュール式の設計により、メンテナンスおよびライフサイクルコストの点で柔軟性と効率性を実現します。

EDCドライ真空ポンプの主な利点は、エネルギーと水の消費量を大幅に削減できることに加えて、正確で一貫した性能を提供することです。

Edwards EDCドライクローポンプは、ジャム醸造所の屋根の外に設置

Edwards EDCドライクローポンプは、ジャム醸造所の屋根の外に設置されています。

EDCドライ真空ポンプをジャム生成の酸性液体から保護する入口コンデンサ。

EDCドライ真空ポンプをジャム生成の酸性液体から保護する入口コンデンサ。