Your browser is not supported

You are using a browser we do not support any longer. To continue visiting our website, please choose one of the following supported browsers.

Edwards社ヘイヴェルのレンダリング

New Edwards facility for cryopumps manufacturing set to open in Massachusetts in 2022

Edwards Vacuum社は、クライオポンプの製造および研究開発に特化した新しい施設を備えており、マサチューセッツ州での存在感を高めています。この新しい施設は現在、ボストンから北へ36マイルのヘイヴェルに建設中で、24時間体制で工事が行われています。

この新しい最先端の施設により、Edwards社は現在の要求の厳しい市場でさらに競争力を高めることができます。

ヘイヴェルの建設現場

Edwards社ヘイヴェルの建設現場

完成後、この136,000平方フィートの建物は、マサチューセッツ州チェルムズフォードのEdwards社の施設で現在実施されているすべての新しい製品設計および製造活動に対応します。移転は2022年第2四半期後半に開始する予定です。

この建物は、持続可能性を重視した低熱吸収設計を特徴としており、ソーラーパネル、雨水捕獲システム、最低限の灌漑が備えられています。

起工式は2021年9月に行われ、ジェームズ・J.・フィオレンティーニ市長を含むヘイヴェル官庁の参加もありました。

Edwards社は、地元の慈善団体であるヘイヴェル・プロミス(Haverhill Promise)に20,000の小切手を寄付して、この機会を祝いました。そのミッションは、すべての地元の学生が第3学年の終わりまでに学年レベルの読書を達成できるようにすることです。この貢献は、STEM、科学、および工学の学習教材およびサポートプログラムの購入に役立ててもらいます。この取り組みは、Dacon Corporation、Marwick Associates、Equity Industrial Partnersと提携するものです。

プロダクトカンパニーChelmsfordのゼネラルマネジャーのデボラ・アールグレン氏は、次のように述べています。「ヘイヴェルの新施設は、当社の顧客と市場の発展、製造、材料科学イノベーションラボ、顧客の要求に応えるために必要な能力を提供する極低温製品のイノベーションセンターです。」

建設現場の進捗状況を以下のビデオでご覧いただけます。