Your browser is not supported

ご利用のブラウザはサポートされておりません。当社のWebサイトを引き続きご覧になるためには、次のサポートされたブラウザをご利用ください。

Oil refill to pump
  1. ...
    • General Industries, Research & Development
    • Knowledge
    • Application Knowledge Hub
    • 油回転式ロータリーベーンポンプのオイル減少

    真空ポンプのオイル補充時期を予測するには?

    1リットルのフラスコを1時間ごとに大気圧から排気する典型的な実験室システムを考えてみよう。

    • 1リットルのフラスコを1時間ごとに大気圧から排気する典型的な実験室システムを考えてみよう。
    • 典型的な小型油回転式ロータリーベーンポンプのオイル充填量は約1リットルです。単位密度を用いると、これは~1,000gの質量となります。

    排気される空気の質量と比較して、オイルの質量の25%が各フラスコから排出されるときに運ばれる(すなわち、空気と一緒に排気される)とすると、次のようになります。

    これは、~3,300サイクルですべてのオイルがポンプから失われることを示唆しています。1時間に1サイクルとすると、これは約4~5ヶ月で起こります。(これは、油回転式ロータリーベーンポンプのオイルを再充填する頻度をチェックすることで確認できます)また、3ヶ月でポンプから600g以上のオイルが失われると推測できます。

    その結果、厚さ0.1mmの芳香(臭い)オイルの層が、実験室の面積60,000cm2を覆うことになります。到達圧力(<1Pa)でポンプを運転した場合の比較として、空気の質量流量は<0.001g/hです。

    油回転式ロータリーベーンポンプを使用する場合、次のことも考慮する必要があります。

    • オイルを安全に廃棄するためのコスト(経済的および環境的コスト)
    • 油回転式ロータリーベーンポンプ内のオイルの逆移行によるラボシステムの汚染の可能性
    • オイルの補充やシールの交換など、必要なメンテナンス
    • オイル汚染と時間の関係
    • オイル減少を防ぐために必要な構成と装置
    • 無菌の実験室環境がオイルによって汚染される可能性
    • 油回転式ロータリーベーンポンプがオイルの最低レベルを下回って運転された場合、潜在的な発火源となる危険性

    アプリケーションノートのダウンロードはこちら

    Application notes PDF download

    By submitting this request, Edwards Vacuum will be able to contact you through the collected information. More information can be found in our privacy policy.
    Edwards employee s standing in corridor smiling