核融合

Edwardsが核融合を実現

将来にエネルギーを

Inside A Fusion Reactor

核融合研究では、多くの部分で、プラズマ挙動の理解が必要です。科学者が直面する主な課題の1つは、適切な圧力を維持しプラズマを維持する性能です。したがって、超伝導磁場コイルで囲まれた大型原子炉容器/極低温システムで超高真空を確保し、非常に高い温度、電離放射線、および高磁場に耐えることができる大規模で効果的な真空システムが必要となります。

Edwards

Edwardsは進化し続けるこれらの要求を満足するために、nEXTターボ分子ポンプ技術をもとに設計および開発された特別な特注ポンプはITER(国際熱核融合実験炉)などの主要な研究施設で評価される予定です。ロータと電子機器の周りに独自の耐放射線性エンベロープを装備しまたポンプは磁気抵抗を高めることも可能です。エンドユーザーでの保守の柔軟性により原子力研究施設に最適です。

Edwards Vacuumが実現できる他のアプリケーションの発見