ご利用のブラウザはサポートされておりません

ご利用のブラウザはサポートされておりません。弊社のWebサイトを引き続きご覧になるためには、次のようなサポートされたブラウザをご利用ください。

核融合

未来を拓く

Edwardsが核融合を実現

この分野の研究では主に、重水素とトリチウムの2種類の水素を融合してヘリウムを生成するという、太陽で発生する反応と同様の反応を再現しようとする試みが行われています。この過程では、最高摂氏1億度の非常に高温までガスを加熱してプラズマを生成するため、大量のエネルギーが必要となります。

核融合研究では、多くの部分で、プラズマ挙動の理解が必要です。


科学者が直面する主な課題の1つに、適切な圧力を維持してプラズマを維持する能力があります。そのため、超伝導性磁場コイルを囲む大型原子炉容器/極低温システムで超高真空を確保し、超高温、電離放射線、高磁場に耐久できる大規模で効果的な真空システムが必要となります。

Edwardsは、ますます高まる要求に対応すべく、Edwardsターボ分子ポンプ技術をベースに、オーダーメイドの特殊ポンプを設計、開発してきました。

ポンプ製品は、ITER(国際熱核実験炉)などの主要な研究施設で評価されます。ポンプには、ロータと電子回路の周囲に独自の耐放射線性エンベロープが装備されており、磁気抵抗を高めることもできます。このポンプは、エンドユーザーによる柔軟な保守性も備えているため、核研究施設に最適です。


Edwards Vacuumが実現している他の用途を見る