重力波望遠鏡

Edwardsは重力波望遠鏡を可能にします

時空の構造の波紋

Gravitational Waves

干渉計を収容する望遠鏡が完全に清潔で非常に安定していることが不可欠です。干渉計全体が光学的に可能な限り完全であること。残留ガスは測定に影響するため、光ビームは超高真空下で動作する必要があります。

XDS Dry Scroll Pump

EdwardsのXDSスクロールポンプはイタリアのVirgoで10年以上使用されてきました。Virgo重力波望遠鏡には直径1.2 mの2つの3 kmの長さのチューブがありますが、これはヨーロッパ最大の超高真空容器であり、世界でも2番目に大きいものです。革新的な設計と頑丈なXDSドライスクロールポンプは、大型チャンバーの予備排気やベーキングなどさまざまな実験設備に使用されています。

Edwards applications and derivatives team

米国の2つのLIGO望遠鏡は、20年以上にわたり重力波を検出した最初の重力波望遠鏡であり、EdwardsのオイルフリードライポンプとSTP磁気浮上ターボ分子ポンプに依存してきました。

Edwards Vacuumが実現できる他のアプリケーションの発見