Your browser is not supported

ご利用のブラウザはサポートされておりません。弊社のWebサイトを引き続きご覧になるためには、次のようなサポートされたブラウザをご利用ください。

Edwards、新たに社内で設計されたコンパクトなピラニゲージを発売

英国、ウェストサセックス、バージェスヒル - コンパクトでメンテナンスが容易なAPG200シリーズ高性能ピラニゲージは、さまざまな用途で真の性能向上とコスト削減を実現しています。

Edwards APG200 Left Angle Top Front View

Edwardsの新しいAPG200ピラニゲージ

腐食環境向けにはフィラメント材料のオプションが用意されており、大気から5e-4(MまたはMP)または1e-4(LC)までの測定が可能です。社内設計の電子機器と組み合わせることで、Edwardsはフィラメントの長さを最大化するとともに、パッケージ全体のサイズを縮小して感度を向上させました。

APG100シリーズの成功に基づき、サイズを縮小して信頼性の高い測定を行うことに重点を置いています。そのため、APG200は狭いスペースに収まるようになり、性能に影響を与えることなく機器の全体的な設置面積を削減できます。

EdwardsはAPG200の柔軟性を大幅に向上させており、これまで以上に多くのフランジタイプと出力を備えているため、ソフトウェアやハードウェアのアップデート不要で、既存のシステムに簡単に統合できます。

APG200は、さまざまなアップグレードと機能拡張により、より小型で柔軟性の高い出力を活用できる分析機器分野から、新しいインターフェイスとライトリングでシステムのメンテナンスを改善できる半導体分野、さらにはローカル圧力表示でメインインターフェイスから離れた場所で行われている実験を監視できるR & D分野まで、あらゆる真空市場に適しています。

APG200の開発により、Edwardsは再び真空測定の最前線へと躍り出ました。設置面積の縮小と性能の向上により、当社のゲージから正確で信頼性の高い測定が可能になっています。そのため、当社は今後も、お客様の効率性の向上をサポートできます。

Oliver Rudge , グローバル製品マネジャー
/