エドワーズがヒルズボローにハイテクイノベーションセンターを新設

2018/04/04

オレゴン州ヒルズボロー(2018年4月16日) - 真空および除害ソリューションの大手製造業者であるエドワーズが、オレゴン州ヒルズボローのNE Century Boulevardにある8エーカーの土地を購入し、新しいテクノロジーイノベーションセンターの建設に着手しました。土地買収プロセスはエドワーズとAvison Youngが共同で行いました。

75,000平方フィートの施設は、英国を拠点とする会社の北米半導体本社として機能します。エドワーズは、Century Boulevardの施設で、ヒルズボロー市長のSteve Callaway市長およびヒルズボロー商工会議所会長Deanna Palmを含む、企業や地元の代表者などが出席した盛大な式典を開催しました。

「エドワーズにはグローバル投資のための選択肢が多くあり、私たちのコミュニティはエドワーズとヒルズボローに対するコミットメントを高く評価しています。」とCallaway市長は述べています。「新しいハイテク施設がオープンしてからも、私たちは市としてこれからもエドワーズ従業員をサポートしていきます。」

北米半導体部門のバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーであるScott Balaguer氏は、次のように述べています。「当社の最新のイノベーションセンターと製造施設は、当社の主要顧客だけでなく研究開発で北米の他のお客様と密接に業務を行い、改善プログラムを継続できるよう、太平洋岸北西部に戦略的に建てられています。この近さにより、迅速なサービスとサポートが可能になるだけでなく、地域のトレーニングセンターとしても機能します。

現在エドワーズヒルズボロー施設には100人の従業員がおり、2019年第二四半期に新施設がオープンすると規模が2倍になることが予想されています。

「ここヒルズボローでイノベーションセンターが開設することを喜ばしく思っています。」とBalaguerは言います。「エドワーズは北西部に雇用を創出して、環境意識が高い地域の一企業として地域の成長に貢献しています。私たちは、統合された真空技術および除害製品ソリューション、およびその他の当社の世界トップレベルの製品ポートフォリオの設計および製造を計画すると同時に、ここで引き続き拡張が行われることを期待しています。

Avison Young社のバイスプレジデントであるEd English氏のチームがエドワーズと緊密に協働して不動産戦略と実装を行いました。English氏は「このプロジェクトは2年にも及び6社もの企業と専門家とが協業しデューデリジェンス、分析、および交渉努力を続けてきました。プロセスを通したエドワーズの絶え間ないミッションは関係者全員に明確に理解されました: 彼らはお客様とその成長にとって最も適したところに会社を置きたかったのです。エドワーズは当初施設のリースを予定していましたが、最終的には購入を決定しました。話だけではなく行動で証明することで、ヒルズボローへの決定的なコミットメントを示してくれました。」

ご相談下さい 最寄りのエドワーズをお探しください。