Your browser is not supported

You are using a browser we do not support any longer. To continue visiting our website, please choose one of the following supported browsers.

デジタルゲージおよびコントローラ

アナログアクティブゲージの安定したプラットフォームに基づいて構築された、RS232またはRS485を介してシステムと通信可能なデジタルタイプのゲージをご用意しています。

当社は、デジタルバージョンとしてAPG200、AIM、WRGシリーズ(nAPG200、nAIM、nWRG)をご用意しています。

大気圧から1e-9 mbarまでの測定範囲に対応。耐腐食性/産業用バージョンもご用意していますので、用途に合った適切なゲージをお選びいただけます。

Edwardsの新しいAPG200

Edwards APG200 Left Angle Top Front View

EdwardsのAPG200ピラニゲージ

Edwardsの新しいAPG200シリーズ高性能コンパクトピラニゲージは、コンパクトなサイズ、LEDライトリング、統合セットポイントにより、あらゆる用途に最適な真空ソリューションです。

英国にあるEdwardsの生産施設では、数十年にわたり真空ゲージを設計、製造してきました。この経験により、性能を損なうことなくパッケージサイズを25%小型化したゲージを開発することができました。APG200は各種のアップグレードと機能拡張により、小型化と柔軟性の高い出力という特長を生かせる分析機器分野から、新しいインターフェイスとライトリングでシステムのメンテナンスを改善できる半導体分野、さらにはローカル圧力表示によりメインインターフェイスから離れた場所で実験を監視できる研究開発分野まで、あらゆる真空市場に適しています。

Edwardsのデジタルゲージシリーズ

Edwardsのデジタルゲージシリーズ

デジタルゲージは、駆動電子部品を搭載した内蔵型と言う点ではアナログアクティブゲージと同じですが、シリアル通信が搭載されてさらに進化し、個別のコントローラが不要になりました。


デジタルゲージは、15~48 Vの供給電圧があれば、RS232またはRS485の通信を使用して、PCまたはPLC経由で直接通信が可能です。

総コストを削減

外部コントローラが不要

ドライバの使用が可能

統合の容易さが向上

広い電源範囲

15~48 Vの電源で動作可能