エドワーズは、MIT.nanoに設立メンバーとして参加

エドワーズは、MIT.nanoに設立メンバーとして参加

マサチューセッツ州チェルムズフォード(2019年7月23日)– 真空および除害ソリューションのリーディングメーカーであるエドワーズは、MITのMIT.nanoコンソーシアムに設立メンバーとして参加し、より広範なイニシアチブの一環として、機器および人員を含む投資を行い、ナノメートルスケールでの新しい技術開発の重要な参加者となります。

MIT.nanoは、ナノスケールの材料、構造、デバイス、プロセスの特性評価と組立てを専門とする214,000平方フィートの研究所です。ナノメートルスケール - 人間の髪の毛の約10万分の1 - での科学と工学は、高度に特殊化された独自の装備環境でのみ実行できます。MITの現在の研究活動の四分の一もの部分が、こうした種類のリソースに依存しています。

エドワーズは、創設メンバーとして、MIT.nanoコンソーシアムに貴重な経験と専門知識をもたらしますが、それは、真空技術の100年の歴史の賜物です。「私たちは、ナノメートルスケールの基礎研究をするチームとともにMIT.nanoで働くことができてうれしく思います」と、エドワーズのエンジニアリング、システムおよびソリューション半導体部門の副社長、クリス・ベイリーはコメントしました。「この研究は、半導体産業で関心が高まっている分野、ナノテクノロジーと3D構造の開発をサポートする新しい材料の理解を深めるものです。」