ブログ: 次の100年を楽しみにしています

次の100年を楽しみにしています...

Maiku Boger、Karey Holland

百年前、半導体という言葉は、完全な導体でも完全な絶縁体でもない材料に割り当てられた特性にすぎませんでした。今日に目を転じると、半導体は数十億ドル規模の産業を構成しているのです。今日、私たちは文字通りトランジスタとメモリを組み込んだデバイスに取り囲まれています。コンピューター、電話、電気スタンド、猛暑の日本の天気を緩和するための机の上の小さな扇風機でさえ、トランジスターをその設計に組み込んでいます。

単一チップ上に数十億個のトランジスタがあるのです。メモリはキロバイト単位ではなく、ギガバイト単位で測定されます。それは、100万倍の容量です。現在、家庭用ストレージドライブはテラバイト単位であり、テラバイトは1キロバイトの10倍の容量です。優れたコンピューターは、以前は1メガバイトのハードディスクストレージを備えていましたが、今日ではそれが数百ギガバイトになっています。過去40年間で変わらなかったのは唯一、優れたコンピューターの価格です - コスト削減の驚くべき偉業は、真空によって可能になった半導体デバイスのナノスケールエンジニアリングにおける小型化と進歩によってもたらされました。

私たちは今、若い頃は誰も想像しなかったテクノロジーを備えたセンサー、オートメーション、デバイスを持っています。今では、コンピューターはチェスのチャンピオンを打ち負かし、医師が患者の治療を処方するのを助けることができます。私たちの携帯電話は大学のデスクトップコンピュータよりも強力で、一部の携帯電話は折りたたみ式ディスプレイさえ持っています。

それでは、今後どうなるでしょうか。

人工知能や同様の技術での進歩がどこでも見られるようになるでしょう。車両を呼び出したら、自動的にそれが現れるようになるでしょう。実際、車両を所有しなくさえなるでしょう。そうした技術はすでに登場しており、より大きな処理能力と多数のセンサーが車両に追加され、道路を自動的かつ安全に進めるようになっています。

半導体デバイスはすでに人間の脳に似るよう進化しており、それは今後も継続され、メモリとロジックを組み合わせた有機デバイスをもたらすことになるでしょう。つまり、半導体デバイスがロジックを利用し、メモリに保存された「経験」から「学習」して、その学習を将来の決定に組み込むことになります。半導体は、単なる私たち人間よりもはるかに高速で、あっという間に意思決定のコストと利点を比較検討できるようになります。

あなたのスマートフォンはあなたのパソコンとなり、おそらく大きな目の指輪サイズになるでしょう。指からそれを外すと、カラーのホログラフィックディスプレイとキーボードを平らな面に投影したり、あるいは音声だけで使用できたりするかもしれません。初期段階では、画面を見るための特別なゴーグルが必要になるかもしれません。

私たちの中には、より賢く、速く、強くなるために、おそらく細胞レベルで、技術により補強される人も出てくるでしょう。トランジスタはすでに細胞の寸法よりも小さくなっています。シリコンベースの半導体が生物学的要素と共存できるようになったら、体内に直接注入されるナノスケールのコンピューターが導入され、内分泌やその他の機能が改善されることになるでしょう。DNA鎖の分解を遅くしたり、停止できたりする場合は、私たちは何十年も長生きすることになります。

今から100年後、私たちを取り囲むユビキタス技術は、今日から見れば魔法のようなものでしょう。がどのように技術が進化したとしても、確実なことが1つあります: ナノスケールの製造に必要である純粋な環境を提供するには、真空と除害プロセスが必要になります。エドワーズでは、世界のイノベーションが栄える環境を設計し続けることで、そうした開発を可能にすることを楽しみにしています。

Maiku Boger、エドワーズジャパンリミテッドのグローバルマーケットセクターマネージャー、およびKarey Holland、エドワーズ、半導体プロセステクノロジー、グローバルマーケットセクターマネージャー