ブログ: イノベーションが生まれる環境

次の100年を楽しみにしています...

Isobel Gibson、大学院研修生、環境スペシャリスト

現在の仕事と働いている場所について教えてください。

私の主な取り組みとして、真空技術事業部において100%再生可能電力へ切り替えることです。これまでのところ、米国/EUサイトの一つを除いてすべてこれを達成しています。エドワーズの場合、達成サイトには、 Brno、Lutin、Clevedon、Eastbourne、Burgess Hill、Niagaraサイトが含まれます。私の次の職場は、最大のサイトの一つであるCologneになります。ここでは、廃棄物、水、エネルギーに重点を置いて、建物の環境への影響を改善することになります。

エドワーズで働きたいと思ったきっかけは何だったのですか。

エドワーズで働くことは、様々な開発の機会をくれるので、私にとって魅力的でした。アトラスコプコグループの一員であることは、真空技術事業分野全体で広範囲に渡ってグローバルに、配置換えやプロジェクトがあります。環境スペシャリストとして、持続可能な生産性と環境への影響の低減に対する会社とグループの強いコミットメントも刺激的でした。

10年後はどこにいたいと思いますか?

環境分野で現在の仕事を続け、できれば私の役割に持続可能性の他の側面を取り入れたいと思っています。機会が与えられるなら、今までアトラスコプコでの時間を楽しんでいるので、そのままアトラスコプコで働きたいと思います。さらに、継続的な個人の成長と進歩の機会をいただけるだけでなく、経営陣の持続可能性の問題へのコミットメントには感動しています。

将来を見すえたとき、世界が直面する最大の課題は何だと思いますか。

私たちが今日直面し、将来直面する環境上の課題は、現時点ではとても局所的にしかすぎません。地球温暖化と気候変動の継続がもたらす脅威については誰もが知っていますが、人々の反応は鈍いです。したがって、最大の課題は、将来世界の様子を変えるためには、行動を変えなければならないことを人々に納得させることだと思います。気候変動は単に天気への変化を意味するだけでなく、土地やインフラストラクチャの損失、作物の破壊、種の喪失、貧困などに伴うすべてのものを意味することを覚えておくことが重要です。

これらの課題のいくつかに対処するために、どんな技術を使用/発明すると思いますか。

汚染の特定と削減技術は、環境への影響の一部を減らすのに役立つでしょう。CO2などの排出量を減らすことにより、地球の温度が影響を受ける度合いに影響を与えることができます。例えば、電気自動車、再生可能エネルギー、生産/消費パターンなどの分野で開発を続けることは、見通しを明確にし、解決策を見つけるための一歩を踏み出すのに役立ちます。